Excel(エクセル)関数情報

Excel(エクセル)の関数について、具体的な例題をまじえながら関数の解説をしています。Excel関数を覚えると、資料作りやデータ分析など仕事の効率を大幅に上げることができます。少しずつでもExcel関数をマスターしていきましょう。
Excel(エクセル)関数情報トップ > 四捨五入・切上・切捨


メニュー:四捨五入・切上・切捨:目次

ROUNDUP関数

数値を指定した桁数で切り上げるには、ROUNDUP関数を使います。

■式:=ROUNDUP(数値,桁数)

■例題
数値を小数点第2位で切り上げて、小数点第1位まで求める関数をC17に入力してください。

   BC
16数値戻り値
1715.82   

■解答
=ROUNDUP(B17,1)

C17は、15.9になります。

ROUND関数

数値を指定した桁数で四捨五入するには、ROUND関数を使います。

■式:=ROUND(数値,桁数)

■例題
数値を小数点第2位で四捨五入して、小数点第1位まで求める関数をC7に入力してください。

   BC
6数値戻り値
715.82   

■解答
=ROUND(B7,1)

C7は、「15.8」になります。

TRUNC関数

指定した桁に切り捨てた数値を求めるには、TRUNC関数を使います。数値と桁数を指定します。

■式:=TRUNC(数値,桁数)

■例題
小数点2桁未満を切り捨てた数値を求める関数をC27に入力してください。

   BC
26数値戻り値
277.3851   

■解答
=TRUNC(B27,2)

C27は、「7.38」になります。

TRUNC関数

小数点を切り捨てた数値を求めるには、TRUNC関数を使います。INTと似てますが、負の数値の戻り値が異なります。

■式:=TRUNC(数値)

■例題
小数点を切り捨てた数値を求める関数をC18,C19に入力してください。 (INTと似ていますが、負の数値の戻り値が異なります)

   BC
17数値戻り値
185.9   
19-5.9   

■解答
=TRUNC(B18)
=TRUNC(B19)

C18は、5になります。
C19は、-5になります。

INT関数

指定した数値を超えない整数を求めるには、INT関数を使います。

■式:=INT(数値)

■例題
数値を超えない整数を求める関数をC8,C9に入力してください。 (負の数値の場合は、マイナス側に大きい数値を求めます。)

   BC
7数値戻り値
85.9   
9-5.9   

■解答
=INT(B8)
=INT(B9)

C8は「5」、C9は「-6」になります。
Excel(エクセル)関数情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。