Excel(エクセル)関数情報

Excel(エクセル)の関数について、具体的な例題をまじえながら関数の解説をしています。Excel関数を覚えると、資料作りやデータ分析など仕事の効率を大幅に上げることができます。少しずつでもExcel関数をマスターしていきましょう。
Excel(エクセル)関数情報トップ > 合計・平均


メニュー:合計・平均:目次

DCOUNTA関数

条件に一致する空白ではないセルの個数を求めるには、DCOUNTA関数を使います。

■式:=DCOUNTA(Database,フィールド,Criteria)

■例題
点数が80以上で性別が男のセルの個数を求める関数をD3に入力してください。

  BCD
2性別点数人数
3>=80 

  BCD
7氏名性別点数
8Aさん60
9Bさん75
10Cさん90
11Dさん60
12Eさん85
13Fさん70
14Gさん80
15Hさん85
16Iさん65
17Jさん100
18Kさん80
19Lさん45
20Mさん70
21Nさん90
22Oさん85
23Pさん55
24Qさん75
25Rさん50
26Sさん95
27Tさん100

■解答
=DCOUNTA(B7:D27,C7,B2:C3)

D3は、「5」になります。

DCOUNT関数

条件に一致する数値が入力されているセルの個数を求めるには、DCOUNT関数を使います。

■式:=DCOUNT(Database,フィールド,Criteria)

■例題
男性で80以上が入力されている点数のセルの個数を求める関数をD3に入力してください。

  BCD
2性別点数人数
3>=80 

  BCD
7氏名性別点数
8Aさん60
9Bさん75
10Cさん90
11Dさん60
12Eさん85
13Fさん70
14Gさん80
15Hさん85
16Iさん65
17Jさん100
18Kさん80
19Lさん45
20Mさん70
21Nさん90
22Oさん85
23Pさん55
24Qさん75
25Rさん50
26Sさん95
27Tさん100

■解答
=DCOUNT(B7:D27,D7,B2:C3)

D3は、「5」になります。

DSUM関数

複数の条件による合計を求めるには、DSUM関数を使います。

■式:=DSUM(Database,フィールド,Criteria)

■例題
「2008/7/2の月見うどん」の売上合計を求める関数をD3に入力してください。

  BCD
2日付商品売上合計
32008/7/2きつねうどん 

  BCD
6日付商品売上金額
72008/7/1かけうどん200
82008/7/1きつねうどん300
92008/7/1わかめうどん300
102008/7/1肉うどん550
112008/7/1月見うどん300
122008/7/1天ぷらうどん500
132008/7/1月見うどん300
142008/7/1きつねうどん300
152008/7/2カレーうどん450
162008/7/2きつねうどん300
172008/7/2月見うどん300
182008/7/2わかめうどん300
192008/7/2月見うどん300
202008/7/2天ぷらうどん500
212008/7/2かけうどん200
222008/7/3きつねうどん300
232008/7/3肉うどん550
242008/7/3かけうどん200
252008/7/3カレーうどん450
262008/7/3月見うどん300
272008/7/3きつねうどん300
282008/7/3カレーうどん450
292008/7/3きつねうどん300

■解答
=DSUM(B6:D29,D6,B2:C3)

D3は、「900」になります。

SUMIF関数

範囲内の検索条件に一致する合計を求めるには、SUMIF関数を使います。

■式:=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

■例題
B3に入力されている商品の売上合計を求める関数をC3に入力してください。

  BC
2商品売上合計
3きつねうどん 

  BCD
6日付商品売上金額
72008/7/1かけうどん200
82008/7/1きつねうどん300
92008/7/1わかめうどん300
102008/7/1肉うどん550
112008/7/1月見うどん300
122008/7/1天ぷらうどん500
132008/7/1月見うどん300
142008/7/1きつねうどん300
152008/7/2カレーうどん450
162008/7/2きつねうどん300
172008/7/2月見うどん300
182008/7/2わかめうどん300
192008/7/2月見うどん300
202008/7/2天ぷらうどん500
212008/7/2かけうどん200
222008/7/3きつねうどん300
232008/7/3肉うどん550
242008/7/3かけうどん200
252008/7/3カレーうどん450
262008/7/3月見うどん300
272008/7/3きつねうどん300
282008/7/3カレーうどん450
292008/7/3きつねうどん300

■解答
=SUMIF(C7:C29,B3,D7:D29)

C3は、「1800」になります。

COUNTIF関数

条件と一致するセルの数を数えるには、COUNTIF関数を使います。

■式:=COUNTIF(範囲,検索条件)

■例題
早番の人数を求める関数をF7に入力してください。

  BC
7氏名本日の勤務
8Aさん早番
9Bさん遅番
10Cさん休日
11Dさん早番
12Eさん遅番
13Fさん早番

  EF
7早番の合計        

■解答
=COUNTIF(C8:C13,"早番")

F7は、「3」になります。

Excel(エクセル)関数情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。