Excel(エクセル)関数情報

Excel(エクセル)の関数について、具体的な例題をまじえながら関数の解説をしています。Excel関数を覚えると、資料作りやデータ分析など仕事の効率を大幅に上げることができます。少しずつでもExcel関数をマスターしていきましょう。
Excel(エクセル)関数情報トップ > 合計・平均 > DCOUNT関数


DCOUNT関数

条件に一致する数値が入力されているセルの個数を求めるには、DCOUNT関数を使います。

■式:=DCOUNT(Database,フィールド,Criteria)

■例題
男性で80以上が入力されている点数のセルの個数を求める関数をD3に入力してください。

  BCD
2性別点数人数
3>=80 

  BCD
7氏名性別点数
8Aさん60
9Bさん75
10Cさん90
11Dさん60
12Eさん85
13Fさん70
14Gさん80
15Hさん85
16Iさん65
17Jさん100
18Kさん80
19Lさん45
20Mさん70
21Nさん90
22Oさん85
23Pさん55
24Qさん75
25Rさん50
26Sさん95
27Tさん100

■解答
=DCOUNT(B7:D27,D7,B2:C3)

D3は、「5」になります。

Excel(エクセル)関数情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。