Excel(エクセル)関数情報

Excel(エクセル)の関数について、具体的な例題をまじえながら関数の解説をしています。Excel関数を覚えると、資料作りやデータ分析など仕事の効率を大幅に上げることができます。少しずつでもExcel関数をマスターしていきましょう。
Excel(エクセル)関数情報トップ > 論理 > OR関数


OR関数

複数の条件式のどちらかを満たしたら「TRUE(真)」を返し、そうでなければ「FALSE(偽)」を返すには、OR関数を使います。主にIF関数と合わせて使用します。

■式:=IF(OR (条件1,条件2),"真の場合","偽の場合")

■例題
数学と英語のどちらかが80点以上なら「合格」、そうでなければ「不合格」と表示される関数をE26に入力してください。

   BCDE
25氏名数学英語判定
26Cさん8565   

■解答
=IF(OR(C26>=80,D26>=80),"合格","不合格")

E26は、「合格」になります。

| 論理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275538027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Excel(エクセル)関数情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。